Astro Fortune Teller BLOG

みずがめ座の満月

1日遅れてしまったけど、昨日の夜9時ごろにみずがめ座で満月

最近、天気が悪くて月が見えないけれど、2日ほど前に偶然帰り道で

満月に近い月を見ることができた

はて、占星術で月とはなんだろうという話になり

昨日も勉強会でいろいろ話したんだけれど、

月は自ら光を放つことはなく、太陽の光を反射することでその存在を示している

なので、太陽をやらなければ、自分の月には気づけない

本当に自分がやりたいことをやっている人だけが、自分の中にあるはてなき欲望に気づける

その欲望をかなえてあげることが、月の安心、安全な環境となるのだろうと…

では、みずがめ座の月がやりたいことはなんだろう

みずがめ座は不動宮の究極の形ではあるが、そこに行き着くには

他の不動宮である、おうし座、しし座が出来ていないといけない

今回もアセンダントはおうし座なので、そこに不安があるとみずがめ座には行けない

ちゃんと自分の結界ははれているのか、その結界の中で自分が持っているものを確認し

それを武器に変えることはできるのか

今、自分がもっているものしか使うことはできないのだから

それを、まだ足りないと思って求め続けるか、今あるもので勝負していくか

それによって、この先は大きく変わっていくような気がする

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2022.01.18

    かに座の満月
  2. 2022.01.4

    やぎ座の新月
  3. 2021.12.22

    冬至
  4. 2021.12.3

    いて座の新月
PAGE TOP