Astro Fortune Teller BLOG

2019年の冬至

土曜日は久々のランチ会

2019年の振り返りと、冬至のチャートを読む

2019年はどんな年だっただろうか…

春分と夏至はおひつじ座のアセンダントでスタート

おひつじ座はしっかりと自分で動いて、自分の結界を張ることがテーマ

周囲の雑多な思いや、いろんな情報が入ってこないように結界を張る

結界を張るには、自分の気持ちがアガルこと、わくわくすることをやり続ける

自分が好きなこと、気持ちがワクワクすることしかしないと宣言すること

同時に、春分の時に逆行していたへなちょこな水星を鍛えなおすこと

水星は自分の技術だったり知識だったり、自分はこれで勝負できます、自分の魅力はこれです、というもの

それを鍛えなおし、夏至では自分軸というものがぶれないようにすること

そんな2019年をどう過ごせただろうか

「そんなことやってて大丈夫?」「そんなことで生活できるの?」などど周囲の雑音が入ってくるのは

しっかりと結界を晴れていないから

結界を張れると自分のサイズがわかるので、余計なものは入ってこない

そして秋分では、うまく進めない原因を探る

過去にやり残したことは何なのか、それに片をつけての冬至

アセンダントはおうし座で、結界の中で自分の魅力や技術をはぐくんでいく

ここでしっかりと自分の技術や知識をはぐくむことが、2020年に大きな違いをもたらしていく

さあ、2019年はどこまでできただろう

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2020.09.22

    秋分
  2. 2020.09.2

    うお座の満月
  3. 2020.08.18

    しし座の新月
PAGE TOP