Astro Fortune Teller BLOG

さそり座の新月

急に冬になったよう、もう日本には四季はなくなるのではないか

一気に季節が進むとそう思う

今日の18時半ごろにさそり座で新月

月と太陽は当然ながら、そこに火星がぎゅっと固まって、反対側には天王星がある

昔の占星術では、火星と天王星が角度を作ると事故とかアクシデントとか言われたものだが

天王星がやりたいことはそういう突発的なものではなく

あくまでも、どこかが加重になったとき、その偏りにバランスをもたらそうとする

さらに、刺激を与えて人に気づきをもたらす

それが、人によってはインパクトが大きく感じられるのかもしれない

アセンダントはふたご座で、その支配星である水星は6ハウスにありながらもいて座

ちょうとMCに土星もコンジャンクションしているので、

現場で使えるような知識や技術で社会や環境に貢献していく、さらにそれが自分の肩書になればよい

でも、それができるのは、やっぱり自分の持ち物である、自分に何ができるかということをしっかり自覚して

何のためにそれをやるのか、やっているのか考える必要があるだろう

今年も残すところわずか、占星術では冬至で結を迎えるけれど、

いったいどんな結になるのか

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2023.09.26

    秋分
PAGE TOP